もう間もなく源泉所得税の納期の特例を受けている方には、上半期(1月〜6月)に徴収した源泉所得税を納める時期(期限は7月10日)がやってきます。

 

作成した納付書を金融機関の窓口で納めるのが一般的な支払方法ですが、数年前からインターネットバンキングでも納付することができるようになりました。

 

これからご紹介する方法は、時間の節約をするのにオススメです。

源泉所得税は従業員の給与などから天引きされる

会社や個人事業主は、従業員の給与や士業などの報酬を支払った場合に、所得税を天引きする義務を負います。

 

通常は、この天引きした所得税を支払った月の翌月10日に納付します。

 

ただし、常時勤務する従業員が10人未満の小規模な事業者は、源泉所得税の納期の特例というものを受けるができます。

 

この特例を受けると、毎月の納付が下記のように年2回の納付へと変更されます。

 

・1月から6月までの上半期分:7月10日

 

・7月から12月までの下半期分:翌年1月20日

 

毎月納付書を作成し、金融機関で納付するのは事務的に非効率的ですので、多くの小規模事業者はこの特例の適用を受けています。

 

利用するために事前に準備すること

口座開設の時にインターネットバンキングの契約をする

新しく口座を開いただけではインターネットバンキングの利用はできません。

 

最近ではほとんどの金融機関でインターネットバンキングの利用を勧めてくれますが、別途インターネットバンキングの契約をする必要があります。

 

法人の場合だと毎月数千円の手数料がかかりますが、メリットを考えると利用すべきです。

 

税金や社会保険などの支払いが、インターネットバンキングを通してできるPay-easyというサービスを使います。

 

どうしてもインターネットバンキングの契約をしたくない場合は、Pay-easyが利用できるATMを使って納税することも可能です。

e-Taxの開始届を提出

インターネットからでもe-Taxの開始届を提出することができます。

 

 

この開始届を提出することで、納税者を識別するための番号が割り振られ、納税するときに使う納税用確認番号などの設定ができます。

e-Taxのソフトを用意する

e-Taxのソフトは国税庁のHPからダウンロードできます。

 

 

現在ではソフトをダウンロードしなくてもInternet Explorerなどのウェブブラウザからもe-Taxを利用すること(一部の機能のみ)ができます。

 

e-Taxソフトでやること

今回はe-TaxソフトWEB版を使って納税の流れをみていきます。

 

まずは、利用者識別番号と暗証番号を使ってログイン。

 

 

はじめて利用する時は、利用者情報の登録をしなければいけません。

 

 

e-Taxの開始届を提出した時に入力したような会社や代表者などの情報を入力していきます。

 

 

登録が完了すると申告・申請・納税がクリックできるようになります。

 

 

新規作成から手続きを選択します。

 

今回は給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)を作成します。

 

 

提出先の税務署に間違いがないか確認し、申告書等の作成へと移ります。

 

期間中に支払った給与や報酬などに応じてチェックを入れていきます。

 

 

次のページでは人数、支給総額、源泉所得税の合計額などを入力していきます。

 

前のページでチェックを入れた部分だけが入力できるようになっています。

 

今後納付書を送ってもらう必要がない場合は、左下の送付の要否の「否」にチェクを入れましょう。

 

 

入力が終わるとこのように紙の納付書と同じ形式で内容を確認することができます。

 

 

最後に受付システムへの送信を行います。

 

申告書などをe-Taxで送る時は電子署名が必要になってくるのですが、この所得税徴収高計算書の送信に関しては、電子署名は不要です。

 

税理士の電子証明書やマイナンバーカードなどがなくても手続きが行なえるので、税理士に依頼しなくても会社側で手続きを完了させることができます。

インターネットバンキングでの納付

e-Taxのメッセージボックスから「納付区分番号通知確認(受信通知)」を選んでください。

 

電子納税のところにPay-easyを利用するのに必要な情報が書かれています。

 

 

収納機関番号は00200で統一されています。

 

納付番号は利用者識別番号、確認番号はe-Taxの開始届を提出したときに設定した納税用確認番号を使います。

 

「インターネットバンキング」のボタンをクリックすると、Pay-easyを利用する金融機関の選択ができます。

 

利用している金融機関のシステムにログインすると、納税する金額の情報などが画面に表示されます。

 

インターネットバンキングのパスワードを入力して払込を実行すると納税が完了します。

 

紙の納付書で納付をすると、金融機関の窓口で控えに押印してもらえますが、e-Taxの場合は印鑑を押してもらうことができないので、メッセージボックスに届く受信通知が納税をしたことの証明になります。

 

Pay-easyの利用方法ついてはこちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

e-Taxソフトの操作は少し複雑そうですが、慣れると結構簡単です。

 

金融機関までわざわざ行き、窓口で順番が来るまで待つのは非効率的だと思います。

 

会社でインターネットバンキングを使って納付するほうが時間を有効に使えるので、是非トライしてみてください。

 

お問い合わせボタン